ランボルギーニ 「ウルス」。

「Urus」とは英語で野生の雄牛を意味します。いつものようにエンブレムの「牛」からイメージされています。まずはデザインから言うとランボルギーニらしさはありますがランボルギーニ特有のガルウィングは採用されていません。個人的にはランボルギーニはスポーツカーのみを貫いて欲しかったと思いますが、マセラティ「レバンテ」アストンマーチン「DBX」フェラーリまで恐らくSUVを出すのではないかと言われています。やはりポルシェがカイエン、マカンで大成功を収めた影響が大きいように思います。走りはもちろんランボルギーニらしさはあるでしょうし、今オーダーしても2年以上待たなければならかいことを聞くとかなりの人気がでてることは間違いです。スポーツカーとしとは物足りないとは思いますが、車の汚れや小傷なんて気にせずに普段の足としてガンガン乗ってやるのがウルスの1番かっこいい乗り方ではないでしょうか。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: